神絵祭入場無料/
版画・グッズ展示販売会

西又葵先生 新作版画情報

ー西又葵先生 神絵祭10周年記念描きおろし日本百景シリーズ”

『NEMOPHILA』

これまでの神絵祭ではいずれも行ったことのある場所を描いてきた日本百景シリーズ。

もう一方で名作と名高い’ブルーエンジェルシリーズ’でも大好評のブルーをふんだんに使った新作が完成しました。

西又葵先生 新作版画情報

 

 

ー作品のテーマ

ネモフィラの花言葉でもある「可憐」という部分をテーマに置き、「可憐で儚い恋」をイメージして描きました!

作品の舞台は茨城県にあるひたち海浜公園のネモフィラです。

広がる青い草原かのように咲くネモフィラが幻想的です。

 

 

ー上記テーマを選んだ理由

青色が好きということが1番の理由であるのですが、ネモフィラを初めてみたときからずっと描きたいと思っていたお花です。

そのくらい昔から恋をしていました(笑)

ギリシャ神話であるネモフィラの話は儚くて好きなので今回ついに描こうと決意いたしました!

見てほしいポイント

鮮やかな青と女の子の少し微笑む表情です。

そして今回制服を着た現代少女バージョンと悲恋の香りのする着物の少女バージョンの2パターンあります。

それぞれの女の子のイメージを想像していただけたら嬉しいです。

ー苦労した点

神絵祭での日本百景シリーズは横長の絵ばかりだったので今回も悩みましたが、ネモフィラをきれいに見えせられる構図は縦長だろうと構図を頭でイメージして作業しました。

縦長にしたおかげで空までぬけるような青が綺麗に表現できた作品に仕上がったと思います。

 

ー上記他、制作エピソードがあれば

最初は制服姿の女の子のみで制作でしたが担当さんから「和服も見たいです」というご意見で2パターンの女の子が誕生しました!!

その分作業時間がかかってしまいましたが違った見え方ができる2枚の絵が仕上がったと思います。

 

ー見いていただくお客様へのメッセージ

是非本物のネモフィラを見ていただきたい!そんな気持ちを絵に込めて…!!

皆さんのお部屋を彩りを与えてくれる絵画になるように描きました。

見るだけで爽快感を得られる青色を眺めて心まで癒されてくださいね。