神絵祭入場無料/
版画・グッズ展示販売会

初めてのサイン入れ【トリダモノ先生】

2021年9月よりスタートした10周年となる神絵祭。

このタイミングで初めて版画をリリースされたトリダモノ先生の初めてのサイン入れを行いましたので、

その時の様子を大公開!!

今回サイン入れして頂いたのは「ALL FOR ONE」という版画作品となります。

いよいよお客様のためのサインを入れるという事で、都内某所にてお会いし、ドキドキのサイン入れとなりました。

もはや鉛筆を使うのも久しぶり過ぎて「なんだか新鮮です。」というトリダモノ先生。

何度もコピー用紙に試し書きをして、サイズやバランスを調整していざサイン入れ!!

 

「これで大丈夫なのかな…??」と真剣な表情で書かれたサインはとってもカッコいいです!

サインした感想をお聞きすると、「思った以上に(鉛筆の)滑りが良くて、サインスピードが速くなっちゃいますね。

よく街中(病院や公共施設など)で同じように鉛筆でサインされてる絵を見かけますけど、

かっこいいなぁって思ってました。自分の版画でも鉛筆サイン出来て嬉しいです(笑)」とのことでした。

 

色々とお話する中で、ふとサイン自体の話になりました。

初めてのサイン入れ【トリダモノ先生】

「サインは自分で考えました。書き出しをどうするか考え、『トリダモノのトリ』を『T.D』にし、それをくっつけて鳥の頭を真横から見たように形作りました。

(『T』が頭とトサカ的な毛、『・』を鳥の目。『D』をクチバシに)

初めてのサイン入れ【トリダモノ先生】

それを元に、最初の描き出しの形に崩れていき、

toridamonoを加えて完成です。」とのことでした!

 

「サインのことなんて、あんまりしゃべったことないですね~。」と照れ笑いしつつ。成り立ちを教えてくださいました。

版画が届いた方は、ぜひサインもじっくり見てくださいね!